結婚相談所ピーハピィ水戸

日々のブログの記事一覧

女性:選ぶ人より選ばれる人へ

2020年4月5日(日)17:27

カテゴリ:

今日、大先輩の相談所の先生とお話しをさせていただきました

まもなく20年になるというその方と最近の傾向のお話しを!

始めた頃は、「結婚する」という気持ちでストレートに入会されて数回のお見合いを重ねたら成婚をする方が多かった様な気がすると・・。

目的が結婚でそこを自分で理解していたのか?又は今より情報が錯綜していなかったからか?途中で段々迷う・・・。そして、どうしてかお見合い自体組めなくなってくる。みたいな人が増えていると。

女性は綺麗な方も多く、年齢より若く見える方も増えています。でも、恋愛とは違い目的を持ってお相手を探しに来ているコトを考えたら自分自身をお相手を探していると同じく、貴女自身もお相手から選ばれているのです。

 

これからの人生、横にならんで歩いて行ける人なのか?
自分のコトを見て一緒に考えてくれる人なのか?

ついついビジュアルから選んでしまうのは仕方のないことかもしれませんが、何より大切なコトは「一緒に歩いて行ける人」かどうか?趣味が違っても,違う趣味を理解してもらえるか?また相手の趣味を理解してあげられるか?

あとは、毎日の生活習慣とかは聞いておいてもいいかもしれません。
朝起きたらまず何をする?起きてからどれぐらいで出かける?朝シャンする?歯磨きはどれぐらいかける?夜ご飯は必ず晩酌するの?などなど。
自分の生活習慣と照らし合わせて、同じ人はほぼいないのでそれを聞いていやだなぁと思わない人って大事かもしれません。

ある意味、WIN&WINなのです。お互いを思いやれるような気持ちでお相手を探してみてください。

「自分は選ばれる人」でしょうか?

 

 

【男女共通】今だから考えてみる

2020年3月21日(土)19:43

カテゴリ:

2020年の2月に新型コロナという病原菌のせいで
世界は大変なコトになっている。
結婚が決まった人達にとっても、
「結婚式」をしよう!と考えている人
や既に予定していた人達にとっては
延期やキャンセルという辛い選択をしている方達も
いらっしゃる。
これから2人歩んでいく大切な日を決めた。
それを延期なりキャンセルするのは想像もしなかったこと。

だからこそ2人でたくさん話をして
乗り切ってほしい。
前向きに考えよう!!
これから2人で歩んでいく道をどんな風にしていく?
今回の様に不測な時にどう乗り越えていく?
すごく大切な時間になる

婚活中の方も同じ。
お相手とのお見合いの時。
何が起こるかわからない中で聞いても良いかもしれない。

趣味とか好きな食べ物とか、仕事とか・・・
それももちろんその方を知るために大事だけど
もし、交通事故に遭ったときとか
地震に遭ったときとか
病気になったときとか
どんな対応をする人なのか?
男女関係無く・・・軽く聞いてみるのもいいかもしれない。
自分と違ったとしても話をしてみると「そんな考え方もあるんだね」とか
気づくこともきっとある。

お見合いのときに、自分なりにお相手の「価値観」とか知りたい!と
思った時に、聞いてみる質問。
是非持っておいてください。

くれぐれも言いますが考えが違ってもそれを知る事で
その人の魅力がわかること・・・あるような気がする

【男女共通】人生設計とは?

2020年1月22日(水)19:40

カテゴリ:

人生80年と言われています。
男女は84歳。女性は89歳。ぐらいまでと
いわれている中で、30代ぐらいだとあまりにも
先過ぎて想像つかないという方も多いです。

30代であれば、おおよそ親御様は50代後半から60代前半。
まだ元気で現役!!

でも、その親御様自身の老後も考えていかないといけない時期でもあります。

1990年代まではバブルがはじけたあととはいえ
終身雇用だったり、今より「職」に関しては
安定したところも多かったように思います。
ところがここ20年みるみるうちに社会情勢は変わり自分たちを取巻く状況が見えない感じです

『大人になったらなんとなく結婚すると思う』という漠然としたものは無くなっています。

年金も、保険もどうなるのか??

それなら結婚しない方が・・・という方も多いのですが
本当にそうでしょうか?
もちろん、いやいやするものではありません。

でも、そんな時代だからこそ一緒に考えて一緒に働いて家族を創り自分の将来を見つめて欲しいと思います。

皆さんは散々見てきてかも知れないデータ。

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190905-00139883/

生涯未婚率とか・・

結婚なんて・・・。ホントにそうですか?
私は、一番辛い「実母」が亡くなった時に家族の声を聞きたくて電話しました。
私は子どもの頃、決して裕福ではなかったのですが
家族に救われたり家族がいるばかりに辛い思いもしました。
そんな思いをしてきたからこそ、自分の事を客観的に考えられるのかも知れないと思います。

20代、30代40代、それぞれのこの先の人生設計を考えませんか?
1年ごとに自分はどうしていきたいか?
また、5年ごとにも考えていきます。

いつかは結婚したい・・・。といって
素敵な方に出逢う方もいらっしゃいますが
皆さんは、そんな出逢う場所に行っていますか?
また、見過ごしていらっしゃる方・・・いませんか?

何歳からでも大丈夫。

まず1年後の自分のなりたい姿を一緒に考えてみませんか?

 

https://p-hapi.eclat-w.jp/reserve/

 

男女共通:適齢期という言葉

2020年1月13日(月)19:10

カテゴリ:

その昔は・・・適齢期と言われる頃に付き合っていれば
その人と結婚する。という流れが一般的で
誰もそれを疑わず・・・
反対に25歳になればその頃に付き合っているのに
まだ、結婚はしない事を選択とすると、
「なんで??」と聞かれるという事が普通にありました。
「まだ、結婚はいいかなぁ・・」なんていったなら
ありえない!!と言われるぐらいの勢い(^0^;)

実は、戦後、お見合いが普通で適齢期になって
相手がいないとお見合いさせられるからそれまでに
自分で見つけたいよねぇ・・・なんていうのが一般的でした。

1980年代の生涯未婚率(50歳になって一度も結婚したことが無い方)は
男性2.6%、女性4.45%でした。
男性・・・ほとんど結婚できていたんですよね。
終身雇用で、会社や近所、親戚でお世話をしてくれる方もいて
お見合いでなくても紹介で・・・なんていう今では考えられないぐらいの
婚姻率でした。
ところが・・・徐々にその数字は変わり。
2015年の数字ですが、男性23.37%。女性14.06%。という数字に
なっています。

社会状況が変わり、1980年代は、コンビニはまだ大きな都市にしかなく
簡単に自分でコンビニよってご飯を買って帰る。なんていうこともできませんでした。
携帯もありませんでした。
娯楽がテレビ。1980-1990年代はテレビの視聴率が20-30%なんて有った時代。

雇用制度も2000年ぐらいを境目に変わってきました。

結婚式でいうと、必ず呼んでいた会社関係。のかたを今では呼ばないことも
増えています。
「媒酌人」も2000年を境になくなりました。

1990年代に結婚した人は今,40代半ばから50歳ぐらいでしょうか?
実はその頃から着実に少子化になるとはいわれていましたが
「団塊世代ジュニア」の皆さんがいらしたから
婚姻数はまだ保たれていた様に思います。

そんな時代が流れて現在。

結婚をしたい。好きな人と・・・。

という若い人が明らかに減っているということで
効率的に出逢うからマッチングアプリがはやっている。と
いうか当たり前になっている。
カフェしてる間。電車乗ってる間。に出来るからと。

人を好きになって自分自身のめんどくさい気持ちや
相手の気持ちにそわそわするという経験は効率悪いのかな?

年齢を重ねた自分からすると
あの感覚は、若くないと経験できないから・・・なんて思っちゃうんですが。

そして自分にとっての「適齢期」は何歳なんだろう?
そんな事を考えずに早くに結婚した私ですが
現在は、先行きも見えず不安が先に来てしまうのかな。
でもね・・・
一人でいる時間以上に誰かと一緒にいて話ができるというのは
ホントに素晴らしい事なんだと思っています。

「結婚」する・・・「家族を創る」こと。

婚活をはじめる前に
じっくり考えて欲しいなぁと思います。

 

●婚活に真剣に向き合いたくなったらご連絡ください!!
https://p-hapi.eclat-w.jp/contact/

男性:婚活パーティでうまくいかないとき

2020年1月11日(土)19:21

カテゴリ:

今回はお見合いの前に、まずは婚活に!と頑張っている男性のかたで
なかなか結果が出ないままだと不安ですよね。

今、全国的に婚姻数の減少、そして少子化
とネガティブな情報が多い中
積極的に婚活関連に参加しているのにうまくいかない方が
多いのも現実。一体何でなんでしょうか?

婚活パーティに参加したけどまったく手ごたえ無し。
うまく女性と話が盛り上がることなく、カップル成立もせず帰宅。
なんてことが続くと「あ~あ、もう参加・・・やめようかな」と
なってしまいます。

でもよく考えてみてください!
婚活パーティのスタイルが自分にあっていないかもしれません!

 

*自由な時間が多いフリーなパターン
*全員とゆっくりしゃべれる着席パターン

あと、

*参加年齢が広いパターン
*参加年齢が区切られているパターン

*参加者が20人以上づつの多いパターン
*参加者が10名以下づつの少ないパターン

やみくみもこの日なら参加できる!!ということで
参加するより、自分に合ったパーティに参加した方が良いと思うのです

あと第一印象で、目に入るのがやはり服装です。
普段の自分らしく。というのは良いのですが
清潔的だったり、色が綺麗だったり、アイロンがかかってそうなシャツを着てたり
だと顔周りが明るく見えます
毛玉付のセーターや、スエットでは勿体ない!!
婚活パーティで、女子にときめいてもらいたいですよねぇ。

何回か参加して手応えが感じられない男性・・・
一度自分はどんな風に見えているか?見直してみましょう!!

そして自分一人ではなく客観的なアドバイスが欲しい方には

魅力を引き出す
ファッションコーディネート(女性・男性)
をお受けしています。

お見合い前にファッションセンスや
服装選びに自信のない方にはお買い物も同行いたします。

是非お問い合わせくださいね。
contact@p-hapi.eclat-w.jp